categories: カイハツ

今日は久しぶりにCocoaのチュートリアルをこなした

Cocoaアプリケーションチュートリアル 今まで何年もやっては挫折してたが、ようやくプロパティ、メソッド、コネクタがぼんやりわかってきたような気がする。でもどうやってアプリ作ればいいんださっぱりわかんねえ!

今日はkickstartでxenカーネルを入れるようにした

だんだん本題に入りつつある。先日作成したkickstartファイルを編集して、インストール時にxenカーネルを入れるようにする。起動時にど のカーネルで上がるようにするかは明示していないが、xenカーネルしかインストールしなければxenカーネルで上がってくるようだ。以下 kickstartファイル。赤字が変更部分。 # cat /var/www/html/ks_cent54.cfg # Kickstart file automatically generated by anaconda. install #cdrom url –url http://172.16.0.1/dist repo –name=released –baseurl=http://172.16.0.1/dist repo –name=ore –baseurl=http://172.16.0.1/ore lang en_US.UTF-8 #keyboard jp106 keyboard us network –device eth0 –bootproto dhcp #rootpw –iscrypted $1$.DqY.ln7$yOJvWGbmFjuU6aiPwF9KA0 rootpw password firewall –enabled –port=22:tcp authconfig –enableshadow –enablemd5 selinux –disabled timezone Asia/Tokyo bootloader –location=mbr –driveorder=hda # The following is the partition information you requested # Note that any partitions you deleted are not expressed # here so unless you clear all partitions first, this is # not guaranteed to work clearpart –all –drives=sda part /boot –fstype ext3 –size=100 –ondisk=sda part pv.2 –size=0 –grow –ondisk=sda volgroup VolGroup00 –pesize=32768 pv.2 logvol swap –fstype swap –name=LogVol01 –vgname=VolGroup00 –size=768 –grow –maxsize=1536 logvol / –fstype ext3 –name=LogVol00 –vgname=VolGroup00 –size=1024 –grow %packages @admin-tools @base @core @development-libs @development-tools @editors @ftp-server @java @java-development @legacy-network-server @legacy-software-development @legacy-software-support @mail-server @network-server @ruby @server-cfg @system-tools @text-internet @web-server @smb-server -kernel -kernel-PAE kernel-xen kmod-atl1e-xen xen libvirt virt-manager keyutils kexec-tools trousers fipscheck device-mapper-multipath perl-Convert-ASN1 imake audit

今日は細かいところを整理してみた(my homebrewed cluster part.4)

前回でだいたいできたけど、今日は細かいところを少し整理した。 やること 2.
2. IPアドレスを固定で振りたい。IPアドレスのアサイン自体はDHCPサーバでやりたいけど、MACアドレス見て固定で割り付けたい。DHCPサーバにあと登録していないMACアドレスからのDHCP要求は無視するようにしたい 4. PXEブート時に放っておいたらローカルのHDDから起動するようにしたい。そうするとOS配布用サーバを生かしたままクライアントを起動しても起動時間が少し長くなるだけでオッケイになるので。前回の宿題事項だったので。

じゃあ逝ってみようか! 1.DHCPサーバでIPアドレスを固定する

/etc/dhcpd.confで設定する。赤字が該当部分。

# cat /etc/dhcpd.conf ddns-update-style interim; ignore client-updates; deny unknown-clients; # ここで登録していないMACアドレスからの要求は拒否する・・・と思う。多分。 default-lease-time 21600; max-lease-time 43200; allow booting; allow bootp; subnet 172.16.0.0 netmask 255.255.0.0 { # — default gateway option routers 172.16.0.1; option subnet-mask 255.255.0.0; range 172.16.10.1 172.16.10.254; default-lease-time 21600; max-lease-time 43200; host cluster0_1 { hardware ethernet 0:26:18:d2:85:72; fixed-address 172.16.10.1; } host cluster0_2 { hardware ethernet 0:26:18:d2:85:82; fixed-address 172.16.10.2; } host cluster0_3 { hardware ethernet 0:26:18:d2:85:9c; fixed-address 172.16.10.3; } class “pxeclients” { match if substring(option vendor-class-identifier, 0, 9) = “PXEClient”; next-server 172.16.0.1; filename “linux-install/pxelinux.0”; } } 書いたらservice dhcpd restartでdhcpdを再起動。登録していないMACからのIP割当要求はこんなかんじにignoreしていた。/var/log/messages抜粋。3行目は他のDHCPサーバ(Opensolaris上のDHCPサーバ。192.168.2.12。)が要求に答えている様子、なのかな?

Jan 31 21:51:28 localhost dhcpd: DHCPDISCOVER from 00:1b:63:34:e5:58 via eth1: unknown client Jan 31 21:51:29 localhost dhcpd: DHCPDISCOVER from 00:1b:63:34:e5:58 via eth1: unknown client Jan 31 21:51:30 localhost dhcpd: DHCPREQUEST for 192.168.2.35 (192.168.2.12) from 00:1b:63:34:e5:58 via eth1: ignored (not authoritative). 2.PXEブート時に放っておいたらローカルのHDDから